睡眠と体内時計

睡眠と体内時計

生物の体内に備わってりる、時間を刻む仕組みのことです。

 

外部と隔離した環境に置いても、およそ24時間の周期で寝たり、食べたり、します。

 

 

人間の場合には、約25時間で、寝たり、起きたりします。

 

人間の体内時計は、この25時間周期だそうです。朝日を浴びることでリセットされるようにできています。

 

 

もし、部屋が真っ暗で日の光が入っていない環境の場合、体内時計がズレてしまい寝る時間に眠れないということがあります。

 

 

また、仕事などで不規則な生活を長年生活をしていることから不眠症になることがあります。

 

 

 

この体内時計を頭に入れて、睡眠に気をつけいたいものです。ぐっすり眠るためにも、生活のリズムを規則正しい生活を送りたいですね。

 

 

ぐっすりと快眠できているかどうかをチェックして、睡眠の見直しをしてみることです。

 

 

起きている時間のチェックポイント

 

  • 起きたときに目覚めがいいこと
  •  

  • 寝不足感がないこと
  •  

  • 日中に眠くならないこと
  •  

  • 日中活発に動けていること

 

 

眠っている時間のチェックポイント

  • 寝つきが悪くない
  •  

  • 途中で目が覚めない
  • <

  • 寝たい時間まで眠れること

 

 

他にもいろいろありますが、一つの判断材料として、睡眠が快適に眠れているかを見直してみましょう。

 

 

 

快眠ができていないのであれば、体内時計がズレています。そのズレを修正すべきです。原因は様々あると思いますが、生活リズム、食生活、ストレス、運動不足など生活習慣を見直して改善するように努力をしていきましょう。