快眠度を知る

快眠度を知る

 

快眠度を知る方法をご紹介します。アテネ不眠尺度というものがあり、これは世界保健機関( WHO )が中心となって作った、世界標準の睡眠評価法です。

 

過去1カ月間に、少なくとも週3回以上経験したもを選択して、各選択肢についている点数を合計を出します。

 

 

問1.寝床についてから実際に眠るまで、どのくらいの時間がかかりましたか?
いつも寝つきはよい … 0
いつもより少し時間がかかった … 1
いつもよりかなり時間がかかった … 2
いつもより非常に時間がかかった、あるいは全く眠れなかった … 3

 

問2.夜間、睡眠の途中で目が覚めましたか?
問題になるほどのことはなかった … 0
少し困ることがある … 1
かなり困っている … 2
深刻な状態、あるいは全く眠れなかった … 3

 

問3.希望する起床時刻より早く目覚めて、それ以降、眠れないことはありましたか?
そのようなことはなかった … 0
少し早かった … 1
かなり早かった … 2
非常に早かった、あるいは全く眠れなかった … 3

 

問4.夜の眠りや昼寝も合わせて、睡眠時間は足りていましたか?
十分である … 0
少し足りない … 1
かなり足りない … 2
全く足りない、あるいは全く眠れなかった … 3

 

問5.全体的な睡眠の質について、どう感じていますか?
満足している … 0
少し不満である … 1
かなり不満である … 2
非常に不満である、あるいは全く眠れなかった … 3

 

問6.日中の気分は、いかがでしたか?
いつもどおり … 0
少し滅入った … 1
かなり滅入った … 2
非常に滅入った … 3

 

問7.日中の身体的および精神的な活動の状態は、いかがでしたか?
いつもどおり … 0
少し低下した … 1
かなり低下した … 2
非常に低下した … 3

 

問8.日中の眠気はありましたか?
全くなかった … 0
少しあった … 1
かなりあった … 2
激しかった … 3

 

 

結果の判定は、各問の0〜3までの点数合計します。(総合得点)

 

点数が高いほど、不眠が強く、反対に点数が低ければ、睡眠の質が良いことを表します。

 

 

評価の目安

 

4点以下の人は質の良い睡眠となっています。さらに質を良くしたい場合には、食生活や運動習慣を取り入れると良いでしょう。

 

 

4〜5点は、不眠症の可能性があります。生活習慣や睡眠環境の改善が必要です。

 

ストレスなども関係していることも考えられます。ストレスの原因を知り、ストレスをなくす努力が必要があります。

 

 

6点以上の人は、不眠症の可能性が高いです。早急に、生活習慣、睡眠環境、ストレスの改善が必要と思われます。医師、専門化などの指導を得ることも考えるべきです。