快眠方法

快眠方法を学びぐっすり眠る体質になろう!!

 

夜ぐっすり深く眠れたらどんなにいいでしょう。

 

夜ぐっすり眠れない要因はさまざまなことがあり、一概にこれということは言えるものではないのです。

 

まずは、自分の生活全般を見直して、改善すべきことがあれば改善していきましょう。

 

 

改善するポイントは、習慣化することです。つまり良い習慣をつくることです。

 

 

というのも、意識して何かを始めたとしても継続できなければ、一時的なものになっては意味がないのです。簡単なことを少しづつ取り入れるといった感覚が大切です。

 

 

簡単なことでも繰り返していくと、無意識的あるいは当たり前になるように行なうことです。

 

 

あなたは、悪い習慣をお持ちではないでしょうか?

 

 

最初は、ちいさいことから始まって、そのうち大きくなっていき、悪い習慣になるのです。

 

 

悪い習慣があるのであれば、良い習慣は身に着けることは可能なのです。習慣になるまで、頑張りましょう。

 

 

まずは、自分の眠れない原因を知ることです。

不眠のタイプ

不眠には大きく分けて4つのタイプがあります。そのタイプによっても工夫に仕方が変わります。

  • 入眠障害……ふとんに入ってもなかなか寝つけない30以上眠れない状態
  •  

  • 中途覚醒……夜中に3回以上目を覚ます状態
  •  

  • 早朝覚醒……起きる予定の時間より、一時間以上前に目を覚ましてしまう状態
  •  

  • 熟眠障害……睡眠時間は十分なのに目覚めたときに眠った感覚がない状態

食事や生活習慣、ストレス解消など自分でできることを見直しましょう。